ツルヤ商店 籐製品 籐工芸 籐家具     作り手ブログ
TOP ami 籐源郷 こだわり 会社概要 つるや品物店 ブログ お問合せ
 

「銀座・手仕事直売所2017」出展 後記♪

山形、すっかり秋めいてきました〜

新米がそろそろ食卓に♪

 

先日、9月の27日から10月2日まで、

銀座松屋に於いて、

「銀座・手仕事直売所」へ出展させていただきました〜

昨年に引き続いて、

弊社の「ハイル」バスケット製品を中心に♪

 

今年も素敵なリーフレットが発行されてます

 

昨年よりも多くの出展社だったということもあり、

イベント全体の売上目標の金額を大きくクリアーしたようで、、

今回の銀座手仕事直売所は、「過去最高の売上高!!」 だったようです

  

百貨店で通常の催事として行われている「物産展」や「職人展」とは全く違う、

『銀座・手仕事直売所』の力に脱帽って感じです〜

 

何より、出展製品が「現代の生活にマッチした商品」ばかりで、

日本のものづくり、伝統工芸、、そんなキーワードに、

作り手のエネルギーを感じるイベントでした♪

 

そんな素敵な商品に交じって、


 

 

 他のモダンな伝統工芸品に交じって、

 うちの商品をお客様にアピールできたことに感謝!デス〜〜

 

来年は、、別のイベント、

銀座松屋の6Fでの「山形のものづくり」(仮称)に出展♪

という依頼も松屋さんから頂きました。。

 

デザインという切り口でほかの百貨店との差別化を図る松屋銀座店、

都会若者からご年配の方々まで、

たくさんの方々に大きな支持を得ていることに納得した1週間でした♪

 

 

 


今年も「『山形のものづくり』メイド・イン・ヤマガタとの出会い」に♪   

「山形のものづくり」〜メイド・イン・ヤマガタとの出会い〜

 

山形県のやまがた観光協議会の企画イベントに、

今年も弊社を取り上げていただきました♪

 

特に県外の方々に、

山形のものづくりを、実際に現場で、

見て、触れて、感じていただく

山形県のブランド力を高めるイベント企画です〜

 

その企画についてのリーフレットが弊社に届きました〜♪

 

製品とその作り手の顔が載った、

10社が紹介されています

 

その企画イベントについて、

9月15日の山形新聞の折り込み誌「山形百采」に掲載されました嬉しい


近年、地方がその特色を発信し、

「地域ブランド力を高める」ということに行政が力を注ぐようになりましたが、

実際にその地に住む人たちも、

「改めてこの地を見直す」そんな効果をも生み出しているように感じます〜

 

これを機に、、

この仕事を通じて、

山形を大いにPRすることに貢献できればと・・・グッド

 

早速、、11月2日に仙台からの40名の方々が来社することに〜

一度に40名の受け入れは難しいし、

2〜3回に分けて、とか、、

いろいろ考えあぐねているところデス♪

 

一人でも多くの方々に、

「山形のものづくり」や「日本製の籐製品」について、

知っていただければ『つくりて冥利』ってところです♪

 

 


ナチュラルな色合いの籐製品♪

山形、蒸し暑い夏の真っ盛りデス〜♪

 

夏暑くて、、冬は寒い! 山形の面目躍如ってところ!(^^)!

 

夏といえば「籐製品」♪

籐製のまくらを筆頭に、

蒸し暑い夏にぴったりの通気性の良さが、素材の特性でもあります〜

 

しかし、、

今から50年ほど前までは、

ほとんど(すべてといっていいぐらい)、ナチュラル色の製品ばかりでした

それがあまりにも季節性が強く、

年間を通じた製品として市場に流すべく考えられ〜、

今ではほとんど「ブラウン色の籐製品」が一般化してしまいました〜

 

 

そんな中で、、

素材の本来の味わいを感じていただきたいという「創り手の想い」もあり、

『ナチュラルな籐具』をお使いいただくことで、

気ぜわしい生活の中で「癒されてほしい」もんです♪

 

弊社の新たな製品はほとんどが「ナチュラル色」です〜

素材剥き出し! そんな感じですので、

ある意味ごまかしのきかない製品、

真摯に素材に向き合わなければならない製品、です〜

 

無塗装にすることで、

確かに汚れが付きやすくなることは否めませんが、

でも、「大切に扱っていただくこと」→「愛着」へと。。

 

そして、そのことが、

「末永くお使いいただきたい」という弊社の想いです嬉しい

 

 


オーストラリアのお客さまから♪

2月に弊社のショールームへお越しいただいたオーストラリアのビートンご夫妻

 

ご注文いただいた商品を4月初めにお送りし、

ご自宅に届いた弊社の商品の画像を先月お送りいただきました〜

 

オーストラリアのメルボルンからいらしたビートン御夫妻は、

日本が大好きとのことで、蔵王でのスキーのために来形され、

蔵王の麓、山形市の工芸品をいろいろ見て歩きの途中で弊社に♪

 

 

 ご主人は鉄道会社のエンジニアで、

休日は広大な敷地を少しづつ自分で一輪車を使っての日本庭園作りをされてるとのこと。

ご自宅を画像で拝見したら、、

お隣さんは遥か彼方の、海外ならではの豪邸♪でした。

「今度メルボルンの自宅に!」とおっしゃっていただき、、

つい、、、是非今度お伺いさせていただきます😄 と。。

たのしみが一つ出来ました(^-^)/
 

その時にご注文いただいた籐バスケットが、

ビートンさんのご自宅の浴室におかれた画像を送っていただきました♪

 

浴室の窓からは、、

庭に生い茂る木々が見えます♪

海外の浴室らしいシンプルな浴槽に、

うちのハイルバスケットがよく似合ってます〜 (自画自賛ですが・・・w)

 

日本の和を感じる製品が、

海外の方々でお使いいただける、、

もっともっと多くの海外の方々に使っていただき、

日本の良さを伝えていければいいな〜〜♪

と、ビートンさんご夫妻から頂いた画像を眺めています〜


ラタンハンガーが山形新聞の「磨くデザイン力」に掲載♪

ゴールデンウイークの5日に、

弊社の商品について山形新聞に掲載していただきました〜

『磨くデザイン力』というカラー画像入りの特集記事として。。

 

計6回にわたり、山形県の新商品について、

山形県工業技術センター主催の「ブラッシュアップスクール」に参加された企業や個人を取り上げていただき,

その4回目として5月5日の朝刊に弊社のことが取り上げられました〜

 

どちらかというとご年配の方々が使用しやすい商品がこれまで多かった中、

「新たなる提案」というくくりの籐製品です〜

この商品の、素材の温もりを感じていただきたい、、ということで、

無着色無塗装デス♪

 

この「ラタンハンガー」によって、

国産籐製品の『新たな価値』なんてことでとらえていただければ嬉しい


「Premium 3」&「tocotoco」に、籐バスケットが♪   

少し遅めの山形の桜の季節が終わり〜、

明日から五月です♪

 

今年に入って、3月と4月に、

2つの雑誌に弊社の籐バスケットを取り上げていただきました〜グッド

 

一つ目は、マガジンハウス出版の

「部屋と心と体を、整える」というテーマの号

 

長く付き合える、美しい収納道具、、って特集の中で、

 

昔ながらのスタイルの「籐だついかご(楕円)」(左上)

 

昔は脱衣所にはどの家でも使われていた脱衣かご

現在は、フリーボックスとして様々な用途にお使いいただいている「バスケット」です♪

 

お次は、、第一プログレス出版の

「私らしく楽しむベビーとの暮らし」というテーマの、

『tocotoco』という子供と一緒に成長したいママとパパの雑誌に♪

 

その、「おすすめ収納アイテム」というコーナーに、

弊社のハイル商品の中から、Round-100を取り上げていただきました〜

(下の段の右)

真ん丸の優しい形の浅いバスケットのRound-100

 

掲載していただいた2つの商品、

いずれも「ナチュラル無塗装」の、

環境に優しい籐の味わいを感じていただける製品です〜

 

若い世代の方々には、

「籐ってこういう色合いだったの?」

そう再認識していただく方も多く、

長くお使いいただくと、

「籐素材独特の経年変化(飴色へ)」を感じていただけます〜

 

末永く傍らでお使いいただいて、

愛着をもっていただき、

時々の思い出なんかいっぱい詰め込んでいただければ、

作り手としては嬉しいですね♪

 

掲載していただいた関係の方々へ感謝デス〜〜〜嬉しい

 

 

 

 


「創り手たちのStory」 in Rin crossing

[Rin crossing]  https://rincrossing.smrj.go.jp/

地域資源商品を製造するメーカーと日本国内の地域発の商品を仕入れたいバイヤーの方々との交流の場

 

数年前にそのRin crosshingに入れていただき、

これまで東京ビッグサイトでのリンクロブースへ商品を出展させていただいていました

 

今回、そのリンクロのHPで、

弊社のことをご紹介いただくことに♪

https://rincrossing.smrj.go.jp/story/story59.php

(弊社の工房での、集合写真も♪)

 

製造の様子から、

ショールームの製品、

これまでの弊社の歴史 等々、取材をしていただきました〜

 

改めて、

過去・現在、そして未来、

普段の日々の仕事の慌ただしさの中で、

忘れかけていたようなことが、

取材していただいたことによって、、

自問自答し再確認いすることができました〜

 

今、どういう取り組みをすることで、

新たな未来が待ち受けるのか  などなど

 

きれいな画像と、丁寧な文面でまとめていただいた、

「創り手Story」を拝見する中で、

改めて考えさせていただきました。

 

山形の一番寒い時期にお越しいただいた、

Rin crossingの鈴木さんはじめ皆様、

「ありがとうございました♪」

 

 

 


「旅する新虎マーケット」 in  虎ノ門

今日2月24日から、、

東京に新しい名所が♪

『旅する新虎マーケット』

地方の市町村が、2020年の東京オリンピックに向けて、

名所や観光、そして名産品等々をアピールする場、

ということでスタートします〜

https://www.tabisuru-market.jp/

 

その「旅するストア」(三越伊勢丹運営)内で、

弊社の製品を販売することに♪

昨夜は、、オープニングが行われました

 

山形市からは、我らが佐藤孝弘市長もお越しになり、

遠藤利明国会議員も。。

 

プレス関係の方々も大勢お越しいただき、、

そのメインである「旅するストア」において、

製作実演も行いながらの販売ということに〜

 

山形のほかに、今治、高岡、宇部 など計5つの地方都市がPRし、

その5つのそれぞれのブースも、

ストアとは別に、新たな通り「新虎通り」を挟んでそれぞれの街のPRが行われます♪

 

ストア入口には、

山形の桜がお客様をお向けてくれます

 

そのすぐわきで、、

弊社の製品が♪

 

 

旅する新虎マーケット、

オリンピックの組織委員会の遠藤議員が大きくかかわっているらしく、

それでいち早く山形がこけら落としで参加できたのだろうと。。

われらが佐藤孝弘市長も、5市町村の中で最初に会場で紹介され、、

山形市民としては、、嬉しかったですね♪

 

26日の日曜まで、、

山形の魅力を弊社の商品ともども紹介させていただくべく、

実演に励もうと。。

 

 


「東北芸工大 卒展 2016♪」 

今年もあっという間に2月、

新たな年が始まり、

2016年度もあと一か月とちょっとになりました〜

 

今日は、「東北芸術工科大学 卒展 2016」の最終日

プロダクトデザイン学科の作品展示会場へ♪

 

今年は4人の学生に「籐素材」を取り上げていただき、

成果発表に、、ドキドキしながら会場へ〜

 

まずは、「籐の履物」西村クンのところへ

西村クンというと、

3年時の三橋ゼミでの授業で、

とっても完成度の高い「籐履物」を製作♪

今回は、アイテム数を増やし、より精度の高い作品を発表〜♪

ワタシ個人的にはかなり気に入った履物に仕上げました

 

次は、、「籐照明」の佐々木クン

残念ながら、会場では会うことはできませんでしたが、

アナウンサー志望で、地元の「ダイバーシティメディア」への就職が決まった佐々木クン、

籐の明かり同様聴き手に光を与えられるような伝え手になってほしいデス〜♪

 

次は、藤井さんの「rattarin」

女性らしい、、優しい籐具

女性ならではの発想デス  籐&音

籐材の中をくりぬき、中には鈴が〜♪

鈴の音色が、高音低音と、

素材に新たな息吹が吹き込まれたようでした♪

 

そして、、4人目が、湯口クンの「籐チェアー」

籐チェアー、、大変難易度の高いものへの挑戦〜

素材の特性(弾力)を生かしたチェアーに仕上がりました♪

 

籐素材を取り上げてくれた今年の4人に、

籐素材を生業としている人間として「感謝」デス♪

 

彼らに適切なアドバイスができなかったようで、

本当に心残りではあります・・・

 

それぞれがこの芸工大で得たことを

新社会人として大いに役立ててほしいもんです♪

西村クン、佐々木クン、藤井さん、湯口クン、

それぞれの未来へ期待し、会場を後に。。

 

今年も大きな「刺激」を受けることができました♪

 

 

 

 


2016年 酉年幕開け♪

新年あけまして

   おめでとうございます。

 

新たな年、2016年の幕開けです♪

 

 

 

 

今年は酉年

 

酉とは?

改めて調べてみると、、

 

鳥は人に時を報せる動物です。

また、「とり」は「とりこむ」と言われ、

商売などでは縁起の良い干支です。

 

さらに、酉の干支の特徴として、

“親切で世話好き”とあります。

 

 

お客様へ「とり」こまれて、、

弊社の製品が、お客様のお世話(和みを与えること)が出来れば〜

そんな想いで、一年に取り掛かろうと思います♪

 

年明け早々に、

トランプさんがアメリカの新大統領となり、

為替を含めた経済や国際情勢の動向が注目されるところです〜

 

気を引き締めながらも、

ゆったりと遠くを見つめつつ、

日々の仕事に邁進できれば・・・と嬉しい

 

そんな気持ちで、、

平成29年1月1日、

籐酉を眺めています♪

 


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
profile
サイト内検索
others
mobile
qrcode


Copyright(C) TSURUYA SHOTEN INC.All rights reserved.